乳酸菌の種類について

 

 

乳酸菌は体に良い菌で、腸などの動きを活発にしてくれる効果があるのはとても有名です。

 

体に良い菌はとても種類が多く、それぞれ効果も違いますが、商品のラベルなどに書いてあるのはアルファベットの記号がとても多いので、あまり知らない方には何が入っているのかまったくわからないです。

 

一番多いのはシロタ株と呼ばれている物で、ヤクルトに多い事からヤクルト菌とも呼ばれています。

 

シロタ株は人に有益な効果を持っている微生物プロバイオティクスの代表格で、風邪やインフルエンザを予防する効果があり、仮にかかってしまっても発熱期間を少なくしてくれます。

 

また、シロタ株は酸素がなくても増殖出来る菌で、耐酸性を持っているので生きたまま腸まで運ばれます。

 

その為、腸の動きが活発になって便秘や肌荒れなどに効果が期待でき、腸にいる悪玉菌を減らして体に良い菌を増やしてくれます。

 

他に多い菌はR-1菌で、一時期大流行して店頭からR-1菌が入ったヨーグルトやヤクルトが売り切れて消え去る現象が起こりました。

 

とても人気なR-1菌の効果は免疫力向上で、インフルエンザなどの病気の菌が体内に入って来ても攻撃して減らしてくれます。

 

体に良い菌は種類がとても多く、効果もそれぞれ違います。